チャットレディは非常に魅力的な仕事ですね。特に主婦やOLの人には空いた時間をうまく使って仕事しやすいです。でも、仕事にはリスクが潜んでいる事が多いです。このチャットレディも例外ではありません。

ここでは警察沙汰になる違反行為について解説します。

性器を露出したら

アダルトサイトを利用して稼いでいる人は特に注意してください。登録するサイトとか運営事務所によっては性器の露出もOKなどとうたっている所もありますが、性器を露出する事は法律違反です。

ユーザーと関係を持つ

お客さんにはいろいろな人がいるわけですから、中には自分とすごく気が合うなあ、という人も現れるかもしれません。しかし、実際の情報、連絡先を交換する、もっと発展して直接会うなどは、禁止されています。

サイト外で会う事は規約違反になりますから、やめましょう。それにあなたに激しい思い入れがある人や、ストーカーのような人に出くわしたら事件に繋がる恐れがありますから、気を付けてください。

映像内でしてはいけない事

映像内での法律に反する行為はしないでください。例えば薬物を使用する。未成年なのにお酒を飲んだり、喫煙をするなど。まあ、これは映像内に限った話ではないですね。

18歳未満の登録

チャットレディの仕事は18歳以上からと決まっています。ちなみに高校生は不可です。もし18歳未満の人が出演した時には、警察沙汰になってしまう可能性がありますから、18歳未満の人はチャットレディはまだしては駄目ですよ。ここに挙げた禁止事項は特別な事ではないですよね。多くの人は守る事ができる事と思います。

ただ、知らないがために禁止事項をしてしまう人もいるかもしれません。自分を守るためにもここに挙げた事はしてはいけない事だと肝に銘じておきましょう。

こちらに初心者向けにチャットレディのお仕事内容やメリットデメリットなど詳しく説明されているので参考にされるといいですよ。

主婦やOLのみなさん、あともう少しお金があれば生活が楽になるとか、欲しいものが買えるのにと思っていませんか?でも、お金を稼ぐにも時間を工面するのが大変な人も多いでしょう。そんな時には在宅チャットレディをしてみてはいかがでしょうか?

ここでは在宅チャットレディについて解説します。

・在宅チャットレディとは何?

在宅チャットレディのメリットはなんと言っても通勤チャットレディのように店舗出勤する必要がない点ですね。

自宅で仕事ができますから交通費もかかりません。それに隙間時間を上手に使って仕事をする事もできます。さて、このようなメリットがありますから、私もチャットレディの仕事をしてみたい、と思った人もいる事でしょう。

そこで気になるのはまずは面接ですね。チャットレディの面接ですが、これはWEBカメラを使用してカメラチャックや身分証の提出だけで済みますから、よほどの事が無い限り不合格になる事はないです。だいぶほっとしましたか?

給与に関しては時給は数千円と言われますが、実際的には完全歩合制でよくライブチャットサイトで表示される時給は、1時間あたりにチャットレディが稼いでいる平均的な時給になります。でも、男性と話してお金を稼ぐなんて難しそう、と気持ちが萎えそうになるかもしれませんが、ライブチャットを利用している男性会員はすごく多いです。大手のサイトならばより会員数は増えます。

ですから数多くの男性会員と接していれば中にはあなたを気に入り、固定客になる人が増えてくる可能性は十分あります。在宅チャットレディはやりようによっては大きく稼ぐ事ができますから、一度チャレンジしてみても良い経験になるのではないでしょうか?

チャットレディの仕事をする時に誰もが恐れるのが「身バレ」ですよね。自分の身を守るためにも身バレ対策はしっかりしましょう。

身バレしないために

■パフォーマーとしての自分を演出する。

名前は本名とは全く違う名前(連想さえ出来ないような)にしましょう。そして年齢から出身地、職業まで詳細にプロフィールを作り上げて覚えて成りきる事です。自分の名前を名前で呼ぶ癖がある人は気をつけましょうね。

■待機の時も最新の注意を

待機の様子はwebカメラで流れっぱなしです。例えば携帯に友人・家族から電話がかかってきた時、出るのはアリですが(パフォーマーの普段の生活を見たいと言うお客様は沢山いらっしゃいます)、くれぐれも内容に気をつけましょう。待ち合わせや時間など「具体的な事」は一切話さないようにしましょう。

そして自分の背後にも注意です。これは私の友人の話ですが、カメラに中学生の卒業アルバムが映っていてそこから人物特定をされてしまいました。
窓際にPCを置いている方は、電柱や道路にある看板にも注意です。些細な事が身分特定につながってしまいます。

残念ながらスクリーンショットをとられてしまってそれがネットにアップされると、かなりの情報が集まってしまいます。そういう意味ではネットで不特定多数の人に顔を晒すと言うのはリスキーな行為ではあります。

しかし女性はメイクや髪型を変えて、服装もいつもとは違う系統のを選ぶだけで別人の様に見せる事は可能です。そしてカメラに当たる光の量を調節すると美肌効果があるだけではなく顔貌も違って見えるのでオススメです。

最近、友達がチャットレディーをはじめたと言っていました。

やっているところはノンアダ専門で一切アダルトは禁止らしいです。私にはよくわからないのですが、結構話聞いてて未知の世界すぎて楽しいです。
アダルトは顔出しはしなくても結構儲かるけど、ノンアダはいろいろと工夫しないといけないって言っていました。

その子は今度結婚するのでその資金集めをしたいらしいんです。期間限定で一年間やる!って言っていました。これ、彼氏が聞いたら怒るだろうなぁ〜(笑)

でもノンアダって言っても中には結構すごい客もいるみたいで、なんと勝手に自慰行為を見せつけてくる人がいるんだとか、。それも結構な人、。
まぁ、ノンアダって言っても男性はそれが最終目的なのかしら?!なんて思いながら話聞いてますね。

友達は最近は要求されることなく勝手にやって勝手にすっきりして幸せそうなのでそれはそれでいいって言っていました。画面隠してる時もあるみたいです(笑)
男性、ちょっとかわいそうですよね、。きっと見られているってことに興奮していると思うので、。

私的には他人の自慰行為を見ているなんてちょっと考えられないのですが、。まぁパソコンの前で座って、画面は隠して適当に返事していればいいのなら楽?なのかな?
人によってはラッキー!なんて思えるのかもしれないですね。お金の稼ぎ方って今はいろいろあるんだなーってなんか関心してしまいました。

私は絶対にやらないけど、合っている人にはすっごいおいしい仕事だとおもいます。

私は主に在宅で仕事をしています。

外でバリバリ働くよりは精神的にも肉体的にも楽な部分は少なくありません。それでも、やはり仕事と家庭の両立は難しいなと感じています。私は家にいるということも、家事は基本的にほとんどやっています。旦那は帰りが早くありませんから、手伝ってもらうにも体を考えるとあまりきついものはお願いできませんし、簡単なものしかやってもらうことができません。

それでも助かっていることに間違いはありませんが、やはり家でも仕事をしていればある程度疲れますし、たまには家事をサボりたくなります。でも家にいるのに家事がしっかりできないというのは、自分的に許せないんですよね。

もっと上手に家事の手をぬきつつ仕事もしっかりとして、仕事と家庭の両立をさせたいです。働く女性の皆さんはどのように仕事と家庭の両立をしているのか、是非聞いてみたいです。

きっと皆さんいろいろな工夫や努力をしているんでしょうね。私に時短の家事テクニックなどをもっと知ることができれば、きっと私ももう少しうまく仕事と家庭を両立できるようになると思うので、いろいろ自分なりに調べてみて実践してみようかなと思います。

今は働く女性も多いものの、男性側が残業が多くなかなか家事を手伝えるような状況にない人も多いです。そうなってくると、結婚をした時に結構困るんですよね。同じようにフルタイムで働く場合には、どちらか早く帰った方が家事をやらないといけないので不平等になります。もっと男性が楽になってくれないと、女性も楽にならないのはもどかしいですね。

女性は多くが化粧をしますし、さらに肌の状態を保つために毎晩しっかりとスキンケアもしますよね。

今の悩みは、年々この化粧品代が高くなっていることです。給料はそこまで上がらないにも関わらず出費ばかり多くなるのはかなりきついです。歳を重ねると若い時につけていたようなプチプラ化粧品はなかなか使えなくなってきます。なにせ素材も違ってきますし、若い時に似合う色は歳をとってからは似合わないなどの問題もあります。

スキンケアに関しても、歳をとるとそれなりに良いものを使っていないと肌がもちません。水分量などもおちてきますし、肌の状態って年々変わるんですよね。こんな感じでどんどん化粧品にかけるお金が増えていて、このままだと今後一体どうなってしまうのか今からちょっと不安です。

今からもっとお金をかけない化粧品探し、スキンケア探しをするにしても失敗は必須です。それに耐えられるのかどうかが鍵ですね。周りにはあまり化粧やスキンケアをしていないのに肌が綺麗な同年代もいるのですが、本当に羨ましくて仕方がありません。きっと私と同じような環境の人は多いのではないでしょうか。もっと化粧品に頼らないで私も生きてみたいです。それが叶わないからこそ今悩んでいる自分がいるんですけどね。

とりあえずこのままこれ以上化粧品の代金が高くなってしまうと生活にもかなり影響が出てしまうので、化粧品を安くする工夫をする方向で頑張っていきたいと思います。

いつまでも女性として綺麗でいるためには、やっぱり人生が充実していないとダメですね。仕事ばかりしていてもちょっと微妙です。家に帰ってからの楽しみがないと、やっぱり仕事だって楽しくないんですよ。だから、家ではダンスミュージックをかけながら密かに踊ったり、ボールの上でコロコロと体を転がしてはストレス解消!しちゃってます。

美味しい料理を好きなだけ食べた分だけ、体をおもいっきり動かしてはストレスを発散するんです。料理を食べる時にはちょっとドレスなんて着てはおめかしをして、クラッシックを聴きながら食べるんです。食事の後はベッドの上で寝ながら読書もしちゃいます。

泡風呂に入って遊びながらお風呂に入るのもいいもんです。お風呂上りには美味しいジュースを飲んで、ケーキを食べるんです。最後に今日1日の感想を日記に書いて締めくくりです。日記ってのは自分の感想を思いっきり書けるのがいいんですよ。

絵なんて書いちゃって、楽しく書きます。それがストレス発散ともなって、ますます楽しいんです。いつの時代にも、やっぱり日記はいいもんです。今までに日記ノートを30冊は買い、10代の頃から書いているんですよ。思春期の悩みも20代の恋愛の悩みも、全てこのノートに書いては心の乱れを整えたんです。

そのおかげで乗り切れましたね。友人にも親にも言えない悩みを、ノートはみな静かに受け止めてくれたんです。そんな日記ノートを読み返しています。そしたら、今のお金の悩みのストレスもちょっとだけ解決できるんですよ。

私は30歳の主婦です。パン屋さんでパートをし始めて、2年5ヶ月になりました。

今までに店長が、3人変わりました。今の店長になってからは、約1ヶ月が経ちました。この店長が来る前に、私は「すごく真面目な方」と聞いていたのですが、1ヶ月一緒に働いてみて、全く違う事がすぐ分かりました。年齢は、私の2つ上で、32歳の男性です。

とにかく、私は久しぶりに、「生理的に受け付けない人」に会ったようです。なぜかと言いますと、この店長、本当によくしゃべるのです。ただのおしゃべり好きならいいのですが、違います。それは、しゃべる事の半分くらいが、誰も聞いてもいないのに、嘘か、本当か分からない自慢話や、しょうもなさ過ぎるちっぽけな武勇伝。上司に褒められた話などなど、基本自分のことばかりを、自らペラペラペラペラと。。しかも早口で。誰からも、小さい自分を大きく、偉く、見て欲しいのでしょう。自分から自慢話をするほど、情けない事はないですよね。聞いていて恥ずかしく、かわいそうになってきます。

自分の力ではなく、会社のルール、この会社の正社員なら誰もが与えられる、「店長」という肩書を、みんなに認めてもらいたいのでしょう。同世代として、信じられません。「僕は、役職があるから、妻と子供を養える!」と自信満々に、言われたら、「はぁあ。」としかなりません。

悲しい人です。いい大人が早口で、自慢話ばかりしていては、誰にも相手にされません。すでにもうそうなっています。変わった人です。

そろそろ春です。季節の変わり目、変わったときが一番お金を使いますね。なぜなら服を買わなくてはいけないから…。

以前から持っている服でもいいのですが、なぜだか「着る服がない」といつも思ってしまうのです。1年すれば服の趣味も若干変わってしまいますし、変わらなくても「なんでこの服買ったんだっけ?」という物が出てきたりします。なので最低1着は買ってしまい、いつも金欠。

お気に入りの服は着すぎてヨレヨレになってきちゃいますし、仕事柄お気に入りの服は着て行きたくないんですよね。というのも、油の匂いが半端ないんです。半日働いただけで髪の毛にまで染みわたってくるので、電車通いしていると、「臭いって思われてないかな?」と心配になります。でも働かなきゃお金がもらえないですからね。買ってないくせに、宝くじ当たらないかな〜と毎日のように呟いています(笑)。

私はまだ子供はいないのですが、出来たら贅沢をさせてあげたいなぁと思っています。甘やかすと私みたいなダラダラ人間になってしまいそうで怖いので、そこの辺りはちゃんと見分けて。欲しい物は我慢せざるを得ないほど貧乏だったので、子供が出来たらある程度好きな物は買ってあげたいですね。

そういえば、日差しが少し強くなってきました。意外と紫外線が強いみたいなので、この時期でも油断は大敵です。日焼け止めを買うのもまた出費ですが…。本当かどうか分かりませんが、時給が数十円上がるとかいう話も聞いたので、もし上がったら嬉しい限りです。

ライターの在宅ワークを始め、1ヶ月が経ちました。

始めたきっかけは「好きなことを仕事にするってどんな感覚なのだろう」と思ったことです。 これまでいくつかのバイトを経験しましたが、それらはいずれも時給や勤務形態などの条件を合わせて選んだもので、自分の趣味かどうかなどは考慮しようとも思いませんでした。 仕事は仕事、趣味は趣味という図式が頭の中に出来上がっていたので、端から楽しそうな仕事を探すことすらいていなかったのです。

そのときクラウドソーシングというものの存在を知りました。 そして世の中にはプロのライターでなくとも家で文章を書きそれを仕事やお小遣い稼ぎとしている人がいることも知り、私もやってみたいと思ったのがきっかけです。 生まれて初めて、「好き」を仕事にすることができるのかもしれないと気づいた瞬間でした。

実際に始めみて「これはイイ」と思った点は、「在宅なので自分のペースでできる」「好きなことなのであまり疲れない」の2点です。 「在宅なので自分のペースでできる」は、まさに在宅ならではの利点です。 例えばなんとなく朝早く目が覚めた、という場合。 パソコンを立ち上げて早朝6時からお金を稼ぐことができます。

もちろん、誰の前に出るわけでもないので格好は自由です。 15分ごとに休憩を入れることも、やろうと思ったけどやめることも、やらないつもりだったけどやることも、全て自由です。 夕食後や寝る前にサクッと数百円稼ぐこともできます。 こんなこと、普通の仕事じゃまず難しいですよね。 次に「好きなことなのであまり疲れない」は、そのままです。

以前私はスーパーで働いていたのですが、レジ打ちは特に趣味ではなかったためどんなに暇でも相応に疲れました。 一方、文章を書くことは趣味でもあるので、まったく疲れないということはありませんが、外に出る仕事の比ではありません。 3時間のレジ打ちより4時間の文書制作の方が楽、といった感じです。

在宅ワークは仕事の種類が限られています。 例えば、先に挙げたレジ打ちを在宅で、というのはまず無理でしょう。
在宅ワークでよくある仕事に関する興味・スキルを持っているという方は、ぜひ一度試してどんなものか感触を得てみてはどうでしょうか?